Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/114-d02e4cce

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

金正日に告ぐ

我々日本は核ミサイルを開発し保有する能力を持っている。然し敢えてそうしないのは理性と忍耐をもって自制しているからに過ぎない。我々は大国アメリカを相手にして特攻機まで繰り出して戦った。我々には今でもサムライ魂、大和魂が受け継がれている。日本人を怒らせたらどうなるかよく分かっているだろう。
更に警告を加える。我々は拉致被害者を必ずや救出する。しかし、万が一、それ迄に拉致被害者に対し危害が加えられるようなことがあれば我々は必ず報復する。そのことをよく覚悟しておけ。

12月6日、予備役ブルーリボンの会のシンポジウムで年末から年始にかけて北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」で流される予定のメッセージが公開録音され、参加者が立ち会いました。上記は同会の副代表である矢野義昭元陸将補が発したメッセージを筆者がメモしたものです。

このシンポジウムには他に櫻井よしこ氏、田母神俊雄氏、代表の荒木和博氏が登壇していました。
少々、,旧聞ではありますが、拉致被害者救出の具体的なシナリオなど、考えさせられるところの多いシンポジウムでした。救出シナリオについて具体的なことは敢て書きませんが、これはこういった民間団体でなく、自衛隊や内閣調査室が政府の命を受けて既に動いていなければならないことだと感じます。拉致問題に関する運動は政府に対するものと国民に対するもの、外国に対するものに分けられると思いますが、先ず動かさなくてはならないのは政府です。最終的に実際に動くのは自衛隊であり公安であるということを改めて認識しなければなりません。拉致問題はは日本が当事者であり、最終的には日本が動かなくてはならないのです。

初めに荒木代表が挨拶されていましたがこのイベントは拉致被害者をどう救うかを考えるものとして開催されました。その言葉を象徴するようにこのシンポジウムには家族会の参加はありませんでした。

そして政府が国民の生命・財産を守る装置であることが世界的な常識なのですが、誠に残念ながら現在の、特に民主党政権での政府にその機能を期待するのは困難といわざるを得ません。政府がまともになるのを待つ時間はありません。あるべき状態を模索するにあたって政府が使い物にならなければ民間が動くしかありません。
筆者はこのグループの活動を高く評価します。

JSRしおかぜ支援を

JSRしおかぜはNHK、KDDIのインフラを利用して北朝鮮向けに拉致被害者への激励、同国政府への圧力のための短波放送を行う活動です。運営は全て国民からのカンパで行われます。日本人を自覚する皆さんは是非、いわれなき人権の甚大な侵害を受けている同胞のために支援をお願いします。

しおかぜ通信

最後に付け加えますが、マスコミは意図的に明確な報道をしていないように感じますが、拉致問題に直接関わる方々が確かだとする情報によれば、北朝鮮への制裁は効果を着実にあげています。これを緩めることのないよう、政府を監視していかなければなりません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/114-d02e4cce

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

青人草

Author:青人草
普通のサラリーマン青人草が日常、本当にそう?と疑いをもったことなどコメントしていきます。リンクフリー。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

FC2カウンター

青人草の願い

在日外国人に参政権を与える必要はありません!  薬に見せかけた毒、「人権擁護法案」を廃案に!  国民の祝日には国旗を掲揚しましょう!  誇りと規律のある日本を取り戻しましょう!

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。