Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/128-86dd3154

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本の帰化手続きは本当に厳格か?

外国人参政権は絶対に認めるべきではありません。参政権、つまり、投票や公務員のリコールの権利は日本の国籍を持っている者のみが持つべきですが、では帰化してもらえば問題はなくなるでしょうか?

外国人に参政権を認めない代わりに帰化手続きを簡略化するべきだという意見があります。一見、もっともな意見に見えますが、よく考えてみて頂きたいと思います。

簡略化するべきといいますが、そうしなくてはならない程、現在の手続きは煩雑でしょうか?国籍を変えるということがどういうことか、理解した上の意見でしょうか?

諸外国の帰化手続きと比べ、我が国に欠けているものがあります。その最も大きいものは希望者に国防の義務の確認をさせることです。これは日本の憲法に国防の義務が明記されていないこと、日本に徴兵制度が無くなっていることからそうなってしまっているという側面があるのですが、場合によっては生命を危険にさらしても国を護る覚悟を問うのは国家と運命を共にする国民となる過程で必然といえると思います。

少なくとも、審査の過程で国旗に向かって国歌を声を出して歌い、忠誠を誓うということ位は義務付けられるべきではないでしょうか。

身元確認も法に裏付けられた厳格な方法で行われべきです。日本にはスパイ防止法が無いため、これも現状では心許ないといわざるを得ません。

参政権は与えない、帰化条件は厳しくしろでは、排外主義的に聞こえるかもしれません。しかし、決してそんなことはありません。むしろ、世界の常識からいえば日本の帰化条件はゆる過ぎるというべきでしょう。

在日韓国人を多く抱えているという固有の問題はありますが、それとて、強制連行してきた人々ではありません。大東亜戦争末期に徴発ということは行われましたが、日本は戦後、帰国事業を行い、希望者は全員、日本の国費で国に帰っています。日本に残った彼らは日本が朝鮮半島を領有して来た歴史のなかで必然的に本土に職を求め日本に根を下ろして来た人々というべきです。野中広務などの言っていることは欺瞞です。

一方、日本は周辺に日本に敵対する国を抱え、その国の国民が多く国内に流入しています。

日本と運命を共にする覚悟を問わないような帰化手続きは、反日的日本人を量産することになりかねません。

外国人参政権推進派や朝日新聞を始めとする反日マスコミは外国の事例の都合の悪いところは目立たないように伝え、その付与が世界の趨勢であり、日本はそれに従わなければ孤立するというような印象操作をします。

しかし、何でもそっくり真似すればいいというものではありません。日本のおかれた実情を国際的視野で見れば、外国人参政権は不可、帰化手続きは厳格化するということは寧ろ、当然のことなのです。

先日の日比谷公会堂での決起集会でも、ジャーナリストの大高未貴さんが、台湾の李登輝元総統の日本の外国人参政権への動きについてのコメントを伝えています。それはただ、「馬鹿だ。」というものでした。

国民にことのことを理解させることこそ、国際的に通用する人材を育てることになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/128-86dd3154

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

青人草

Author:青人草
普通のサラリーマン青人草が日常、本当にそう?と疑いをもったことなどコメントしていきます。リンクフリー。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

FC2カウンター

青人草の願い

在日外国人に参政権を与える必要はありません!  薬に見せかけた毒、「人権擁護法案」を廃案に!  国民の祝日には国旗を掲揚しましょう!  誇りと規律のある日本を取り戻しましょう!

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。