Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/65-bb08e0fe

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

遊就館と南京大屠殺記念館、二つの異質な展示施設

久しぶりに靖國神社に参拝して来ました。
15日にはまた行くつもりですが、願わくばそこで麻生首相をお迎えしたいところです。

遊就館では今年も「氷雪の門」が上映されています。ソ連・ロシアがいかなる国なのかを知るためにも、ぜひご覧になることを勧めます。

ところで、遊就館の一階で休憩しているときに、ふと別の展示施設のことに考えが至りました。支那の南京大屠殺記念館のことです。遊就館と大屠殺記念館、英霊を顕彰する場所を支那の嘘の宣伝施設と並べるのも憚られると仰る方も多いかと思いますが、そこで思いついたことを書きたいと思います。

歴史を知るにはまず、事実を知ることが大切です。様々な観方があるのは構わない。先ず、正確な事実が万人に認識されなくてはなりません。そして、それをどう評価するかが立場によって違うのは容認されなくてはならない。言論の自由のある国では当然です。
しかし、国を挙げて虚偽の史実を広めようとする国があります。

折しも、遊就館では「矢弾尽きるとも我生還を期せず」と銘打った南方で戦った日本軍兵士の遺品や兵器の展示が行われています。これらは全て本物かレプリカです。レプリカも全て実物が存在する、あるいは存在したレプリカです。特攻兵器など実物が残っていないもののレプリカは実際にあったものの設計図等を基に作られています。では大屠殺記念館に本物がひとつでも展示されているでしょうか?

筆者は大屠殺記念館など見る価値は無いと思っていましたが、そういう興味で見てみたい気がして来ました。

「大虐殺」の証拠とされる写真は多数展示されているようですが、それらは一つ残らず偽造か全く別の事件の写真か、あるいは撮影日時・場所が不明なものであることは既に検証されています。日付・場所が不明なものが歴史資料としての価値を持たないのは言うまでもありません。
「レプリカ」や模型もあるようですが、それらは全て実物のないレプリカ、つまりレプリカそのものがオリジナルということになるでしょう。

それに比べ、遊就館に偽物はひとつもありません。そのようなものを展示する必要が無いからです。

修学旅行に支那に行き、大屠殺記念館を子供に見せる学校もあると聞きます。そこに居るだけで健康に不安が起きるような地域に子供を連れて行き、自分の国を貶める嘘の展示施設を見せるような学校に自分の子供を預けてよいのか、子を持つ親はよく考えて欲しいと思います。それよりも夏休み、親子で靖国神社と遊就館を訪れてはいかがでしょう。彼の国の故事にも(これも史実ではないようですが)「孟母三遷」というのがあることですし。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/65-bb08e0fe

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

青人草

Author:青人草
普通のサラリーマン青人草が日常、本当にそう?と疑いをもったことなどコメントしていきます。リンクフリー。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

FC2カウンター

青人草の願い

在日外国人に参政権を与える必要はありません!  薬に見せかけた毒、「人権擁護法案」を廃案に!  国民の祝日には国旗を掲揚しましょう!  誇りと規律のある日本を取り戻しましょう!

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。