Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/94-943c4cde

-件のトラックバック

[T272] 反政府=日の丸デモの奔流…鳩山首相40日の“沈黙”

新政権への危機感を共有する国民有志が参集。宵闇の政治タウンに数多の日の丸が翻った。それが意味するものは何か?そして、メディアは鳩山首相が“異例の沈黙”を続けていることを論じていない。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

外国人参政権付与の法案を粉砕せよ 守るぞ日本!国民総決起集会とデモ

17日の土曜日、永田町のシェーンバッハサボーで開催されたチェンネル桜他の呼びかけに依る「守るぞ日本!国民総決起集会」は1400人程のキャパの会場が超満員となりました。その出席者が集会後のデモに殆どそのまま参加、というよりデモから参加された方も居たと思われ、永田町から四谷までの街路を横5列、1500人の長蛇の隊列が外国人参政権への反対を訴えながら練り歩きました。草莽テレビ局の主催ですから、みな、動員する主体の団体などない一般市民です。途中、集会を代表して松浦杉並区議が民主党本部に抗議文を渡しました。
集会が押したため、デモの出発時間が遅れ終盤は夕闇のなか小雨もふりだし、道行く方はやや少なくなっていたましたが、あの場所にこれだけの人数が隊列を作ったのですから見た人、特に車で通られた方には相当強い印象を与えたのではないかと思います。
これについては18日の産經新聞が報道しています。

「日本解体を阻止せよ」保守派議員が総決起集会 政権への批判続出


デモに先立つ集会は本当に盛況で、ここまで座席がびっしりと埋まった集会は筆者も初めて見た程でした。全く空席がない。民主党の政策の危うさをしっかりと感じ取っている市民が少数ではなく居ることを感じさせるものがありました。
この集会での登壇者は平沼赳夫議員を始め、渡辺昇一氏、加瀬英明氏、日下公人氏、すぎやまこういち氏、稲田朋美議員、山谷えり子議員、西村真悟前議員、赤池誠章前議員、出産間近の有村治子議員、田母神閣下、家族会の増本照明氏、中山成彬前議員、VTRで登壇の安倍晋三議員他の錚々たるたる顔ぶれでした。最初に黙祷がありましたが、ここに居ていただきたかった中川昭一前議員の姿がもう見られないのを何とも寂しく悲しく感じます。

これらの方々の発言には印象に残るものが多く有りました。
平沼議員も政界再編に触れられていましたが、西村前議員は真の政権交代とは保守が大同団結し政界再編がなされ、保守が勝ったときであるという意味のことを言われましたが、筆者にはこの言葉が最も印象的でした。現在の状況は自民・民主どちらの党が国益を守れる党か国民に理解されず、争点にもならず、ただ、これまでの利益誘導の延長でなされた選挙の結果であり、「政権後退」に過ぎなかったではないかと気づかされます。そして、参政権を持つ資格があるのは国防の義務を負う者であると主張されましたが、全くその通りだと思います。世界的な常識です。参政権を与えられるには日本国籍を得るだけでは足りない。いや、日本国籍を取得する条件として日本を自ら守る覚悟を問うべきなのではないでしょうか?外国人参政権は断じて認めてはなりません。
また、子供手当の財源は国防費に回せと選挙で訴えて自分は落選したとも述べられ満場の拍手を浴びていましたが、これは極めて正しい。一方で配分比率を変えただけのばらまき政策、一方で危険水準に達するまで減らされようとする国防費、二つの問題を見事にひとことで表現されています。
そしてその国防費は確保有にも向けられるべきでしょう。西村前議員は「核の無い世界はどんな世界か、それは通常兵器で容易く世界大戦を起こせる世界であり、ならずもの国家が核を持てばその一発で世界を支配出来る世界である。だから日本は核を持たなければならない」と喝破されました。また、田母神閣下を更迭した前政権を批判し、田母神閣下のような方を国防大臣にするような国にしなければならないとも述べられました。田母神閣下も唯一の被爆国であるから核廃絶を訴えなければならないというのは詭弁で、そうであるからこそ、第三の核攻撃を絶対にゆるさない為に日本だけが核を保有する資格があるとこの集会で述べられています。
全くの正論です。非核三原則の法制化や核に関する密約の調査を平気で公言するような鳩頭が首相であることが核兵器よりはるかに恐ろしいとは思いませんか?

山谷議員、赤池前議員は次の参議院で逆ねじれ状態をつくらなければ大変なことになると警告を発しておられました。多くの出席者はそれを待たずに現政権を打倒しなくてはならないと感じているのではないでしょうか。そこで参議院では輿石氏を落選させる位の勢いをつくらなくてはならないと思いました。どれだけ票を確保したら彼の不道徳な政治家を落とすことが出来るのか調べてみようと思います。

小田村氏は総選挙での自民党の敗因を国防・外交・教育という国家の最も基本的な問題を争点としなかったと述べられました。その通りですが、自民党がそれを争点とした場合に党内を一致団結させることが出来たのかとも思うと考えさせられるものがあります。自民党の再生にはその軸が絶対に必要ですが、そのために党が割れることになっても保守派は政界再編を目指して前進していただきたいと切に思います。
また、鳩山氏の財界のコンセンサスを得ないままのCO2の25%削減発言にも触れられ、最早自国の努力だけでその数値の達成は不可能であり、途上国からの排出量取引に頼らざるを得ない、結局それは支那に金を貢ぐ行為だと述べられました。
人類の敵、中共を利する行為という指摘にはっとすると同時に悪寒を感じる次第ですが、京都議定書にまつわる事項は日本の主体性についての試金石のひとつであると筆者は感じています。自国に一方的に不利な条件を押し付けようとするスキームからは脱退を辞さない程の決断力のある指導者が求められます。民主党には絶対に無理ですね。
この他小田村氏は子供手当は子供を家庭から国家にとりあげるものであり、夫婦選択的別姓は家族を崩壊させるものであり、いずれも社会主義思想にそまった政策であると述べられました。これも決して許せるものでは有りません。

全般に感じたことは現職議員の方が政界再編の直接の構想について述べられることはありませんでしたが、保守派はその日集まられた方々を中心として、小異を捨て大同団結し、国難である反日政権の登場と国民の劣化に対処しなければならないということでした。馬渡前議員だけが平沼議員を中心とした党派の結成に触れられましたが、今の状況をみて一日も早くその動きを作らなくてはならないと感じました。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/94-943c4cde

1件のトラックバック

[T272] 反政府=日の丸デモの奔流…鳩山首相40日の“沈黙”

新政権への危機感を共有する国民有志が参集。宵闇の政治タウンに数多の日の丸が翻った。それが意味するものは何か?そして、メディアは鳩山首相が“異例の沈黙”を続けていることを論じていない。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

青人草

Author:青人草
普通のサラリーマン青人草が日常、本当にそう?と疑いをもったことなどコメントしていきます。リンクフリー。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

FC2カウンター

青人草の願い

在日外国人に参政権を与える必要はありません!  薬に見せかけた毒、「人権擁護法案」を廃案に!  国民の祝日には国旗を掲揚しましょう!  誇りと規律のある日本を取り戻しましょう!

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。