Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/95-e68c8c7f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本解体法案反対の請願

もう、数日前になりますが、憲政記念館で催された、中川昭一先生の追悼及び、外国人参政権付与他の売国法案提出を阻止するべく、国民から請願書を集める集会がありました。筆者は仕事を終えてから永田町に向かったので、日比谷からの移動には参加出来ませんでしたが、相当な人数になっていたようです。2000人程にもなっていたでしょうか。会場の憲政記念館に着くと既にホールは超満員で立錐の余地無く、入り口前に集まった人々の前に会場でのスピーチを終えた登壇者が現れて再び演説し、喝采を浴びていました。筆者が着いたときは木内実氏が演説されていました。
どの登壇者のスピーチも、先だっての鳩山氏の国会での予想通りのつまらない、空疎な所信表明演説とは全く違う、危機感と国体を守る意思を強く感じる力強い演説ばかりでした。

まずは請願書を出さなくてはと人混みをかき分けて受付に行き、13枚程の請願書を中山成彬元議員の事務所のスタッフの方に手渡しました。
よくもこれだけ売国的な法案を準備したものだと思います。この集会に先立って既に中山氏のもとには2万枚の請願書がFAX等で届けられていたそうです。そして、この集会では高さ3メートルにもなる請願書が集まったとのこと。国民の危機感の高さを感じます。反対する法案が多数あるとはいえ、万のオーダーとなると民主党も無視するわけにいかないでしょう。請願書という直接の行動に訴えることが出来たことは意味が有ると思います。早くも公明党が否決されるでしょうが、外国人地方参政権付与の法案を提出する構えを見せており、権力にすり寄る体質を露にしています。

これから、毎週のようになんらかの民主党の政策への抗議活動が行われますが、今、これらの法案を成立させてしまったら、日本の国益が取り返しのつかない位、損なわれます。筆者も出来るだけ抗議行動を行って行きたいと思っていますが、保守派の方はあらゆる手段で抗議の意思を表明していただきたい。本当に今、危機が目の前にあるのです。

このようなときに、この集会に関し、発起人の間で小さな諍いがあったようですが、誠に残念なことです。いまは大同団結こそが必要なときなのです。小さな見解の違いより大きな方向性が共通していることをお互いに確認し、前進しなくてはならないのです。かつての左翼のように内紛をしている場合ではないのです。そう思いますのでこのことに関してはこれ以上は書きません。

いまはとにかく、マスコミが何の頼りにもならない以上、民主党そのものに対して直接意思表示をしていかなくてはなりませんが、このような状況を作ってしまった我々の力のなさを改めて思います。批判を承知で書きますが、ネットへのリーチのない馬鹿な老人達をどうやって目覚めさせるのか、日々考えています。少し前の街宣でも道行く老婦人が筆者に向かい「NHKが民主党を批判したからいけないのよ。この前テレビで見たから」と驚くようなことをいって去って行きましたが、自分が断片的にテレビを見ただけの印象で断定的な考えを持ってしまうこのような層をどう導けばいいのでしょう。このようなマスコミを妄信している方達にはポスティングのような活動も却って逆効果のように思えます。
筆者の身内にも「これからは政治家にも理系の発送が必要だとテレビでいってたよ」と言う者がいて呆れたことがあります。「あの鳩頭は理系の頭なのではなく、依って立つ価値観の無い夢遊病者の頭なんだ」と筆者が解説しても効果は薄かったようです。

老人以外でも、小沢のような俗物に心酔する方は結構いるようです。強引とも言える手腕で分裂している勢力をまとめあげ、自分は常にナンバー2にいるところがいい、と賞賛する方も残念ながら身近に居たりしますが、それは屈折した考えだというべきでしょう。倫理も理念も無い権力掌握のみに長けた小沢のような男を支持するのは一種のニヒリズムです。

悲観的なことばかり書いているようですが、筆者は危機を前にした緊張感で気持ちは前向きでいます。
ただ、それだけ日々疲れます。あの集会の後も疲労困憊して体調をくずしました。危機感が大きいせいでしょうか、緊張が強いからでしょうか。
皆様も冷える日が増えてくるこの折、ご自愛されますよう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://primitive.blog75.fc2.com/tb.php/95-e68c8c7f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

青人草

Author:青人草
普通のサラリーマン青人草が日常、本当にそう?と疑いをもったことなどコメントしていきます。リンクフリー。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

FC2カウンター

青人草の願い

在日外国人に参政権を与える必要はありません!  薬に見せかけた毒、「人権擁護法案」を廃案に!  国民の祝日には国旗を掲揚しましょう!  誇りと規律のある日本を取り戻しましょう!

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。